WordPressで子テーマを使う

Pocket

子テーマの使用が推奨されている

WordPressではテーマに手を加える場合、子テーマの使用が推奨されています。

テーマを直接変更した場合、アップデートするとせっかく変更した内容もすべて上書きされてなくなってしまいます。過去に投稿した「WordPressのバージョン情報を削除」もテーマを直接変更してしまうと、アップデートで再度バージョンが表示されてしまうことになります。これではアップデートの度に変更する必要もありますし、それよりも忘れてしまってそのままにしてしまう可能性が高いです。

そこで子テーマの登場です。style.cssとfunctions.phpを用意すれば簡単に始めることができます。
子テーマ自体が配布されている場合もありますので、そちらを利用するのがもっとも簡単だと思います。

 

手順

  1. 子テーマディレクトリ作成
  2. style.css作成
  3. function.php作成
  4. 子テーマ有効化

 

子テーマディレクトリ作成

/wp-content/themes/に子テーマのディレクトリを作成します。
ディレクトリ名は「THEME-child」の様に、親テーマ「THEME」に「-child」を付けておけば分かりやすくてよいです。これには特に決まりはない様です。

 

style.css作成

作成した子テーマディレクトリにstyle.cssを作成します。
子テーマ名(Theme Name)と親テーマ/テンプレート(Template)の指定が必須になります。取り敢えずこれだけ書いておけば大丈夫です。注意点として、親テーマ/テンプレート(Template)にはディレクトリ名を指定することです。

/*
Theme Name: ParentTheme Child
Template: parent-theme
*/

 

function.php作成

作成した子テーマディレクトリにfunction.phpを作成します。
親テーマ、子テーマの順番でstyle.cssを読み込む設定を行います。これは親テーマが1つのstyle.cssの場合のみ有効で、複数の場合はすべてに対して設定が必要な様です。

<?php
add_action('wp_enqueue_scripts', 'my_theme_enqueue_styles');
function my_theme_enqueue_styles() {
  wp_enqueue_style('parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css');
}
?>

 

子テーマ有効化

管理画面の外観にあるテーマで、作成した子テーマが表示されていると思いますので、有効にすれば完了です。

 

参考サイト
Child Themes « WordPress Codex
子テーマ – WordPress Codex 日本語版

Pocket

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.