Google Adsenseの審査を通過する

Pocket

Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査を通過したので、合格するまでの流れを纏めたいと思います。

検索すると審査に合格する為の対策サイトがたくさん見つかると思いますが、個人的には少し難しい印象を与え過ぎているのではないかと感じていました。あくまでGoogleとしても、サイトを訪れた人に有益な情報を与えられているかどうかを審査しているとすると難しい事は考える必要はないのではと思います。

審査を通過するまで

2017/01/18 申請1回目 不十分なコンテンツ
2017/01/18 申請2回目 不十分なコンテンツ(プロフィール、プライバシーポリシーを追加)
2017/01/23 申請3回目(記事追加、プライバシーポリシー修正)
2017/01/26 1次審査通過
2017/02/16 2次審査通過

一般的に言われている事を気にしすぎない

画像は貼らない、他のアフィリエイトは貼らない、リンクは貼らない等、いろいろあると思いますが、気にしすぎない方がいと思います。画像は自分で撮影したものも含めロイヤリティフリーの画像も貼りましたし、楽天やアマゾンのアフィリエイトも貼りましたし、他のサイトへのリンクも貼りしたが、審査を通過出来ています。

著作権等の法律に抵触せず、マナーを守った内容であれば問題ないと思います。画像やリンクは必要に応じて貼った方がサイトを訪れた人にとっても有益になると思います。

最低限しておくべき事はある

プロフィール、プライバシーポリシー、問い合わせフォームは最低限きちんと掲載しておくべきと思います。プロフィールは簡単で良いですが、プライバシーポリシーはきちんと書いておくべきと思います。問い合わせフォームも設置しておいた方が無難と思います。

ページビュー数は重要ではない?

審査に通過するまでの間のページビューは1日最大で30程で平均すると5くらいでした。0の時も1/3近くはありましたので、ページビューはそれほど気にする必要はないと思います。

検索は上位にいたい

検索についてはGoogleConsoleで表示順位を確認すると、3Dプリンターの101HEROが10〜20位程度の表示になっており、情報が少ないキーワードが有利に働いたと考えています。情報が少ない中で検索をする人がいるので、検索する人やサイトを訪れた人にとっては有益な情報として判断して貰えていい方向に働いたのだ思います。
日記的なブログなどでは難しいと思いますが、よく見かけられる特化型が有利であると言われている理由は納得出来る気がします。検索する人が少なかったとしても、その人達にとって有益な情報を提供出来ているかどうかが重要で、結果として検索上位にいる事に繋がるのだと思います。

サイトを訪れた人の目線を意識する

SEO、1記事1000文字以上、画像は貼らない、他のアフィリエイトは貼らない等の対策をすると言う事はサイトを訪れた人ではなく、審査する側を意識している事になります。あくまでサイトを訪れてくれた人を大切にすべきと思います。このサイトを訪れてよかったと思われる情報を提供すれば、結果としてGoogleからも優良であると判断して貰えると思います。

収入を得るのは難しい

上記までに書いた内容は審査に合格する事に視点を置いています。

合格して広告を掲載してから思う事は、そう簡単に収入を得る事は出来ない。サーバー代くらいが入ればと思いアフィリエイトを始めてみましたが、なかなか難しそうです。まだ始めたばかりですし、いろいろ試行錯誤してみようと思います。

Pocket

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.